ODIOUS FIGURE

PBWシルバーレインより、工藤一弥(b02096)の…色々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇跡

【ゆきおんな:雪女】

色んな逸話が残ってるが、少し変り種とも言える伝説を紹介しよう。


山形のある地方に、こんな話が伝わってる。

雪女郎(雪女)ってのは元々月の姫君で、退屈な生活に嫌気がさして
冬場、雪と一緒に舞い降りてくるんだそうだ。
ところが、雪ってやつが一度地に落ちたら二度と空に還らないように、
雪女郎も月に帰ることができなくなってしまった。
だからなのか、雪の降る月夜に彼女は現れる。
きっと故郷に想いを馳せてるんだ……って、誰かに聞かされた。


それから小泉八雲が怪談って本で紹介した『雪おんな』に代表される、
人と一緒に暮らすタイプの話は、多分最も一般的な雪女伝説だな。

雪女は自分と出逢った人間に、そのことを口止めする代わりに、
自らも人間のふりをして相手の傍に居て、尽くしてくれる。
けれど、もし相手が秘密を漏らしたら……大抵はその人の前から
姿を消して、二度と現れなくなる。
山神の戒めに背いたから消されてしまった、なんて説もある。

……今回は、全部逆だったんだよな。

雪女が消えかけてた時、尽くされた人は彼女のことを誰かに話した。
でも、雪女は消えずに留まり、再びその人の傍に戻ることができた。




雪女の伝説は美しくも悲しい話ばかりだが……
たまには、こんなエピソードが紛れてたっていいと思わないか?
だって、誰も辛い想いをしなくて済んだんだ。

奇跡ってやつが本当にあるのなら、例えば――こんな話がいい。


スポンサーサイト

プロフィール

工藤一弥

Author:工藤一弥
ID:(b02096)

性別:男
職業:高校生(魔剣士)

リンクフリー。

■メッセあり。
(※色々混ざってる)
↑ピンと来た人は
そのアドレスを入力。
来ない人は手紙で。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。