ODIOUS FIGURE

PBWシルバーレインより、工藤一弥(b02096)の…色々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【縋りゆく糸】 プレイング

これも、下に同じ。




■以下、プレイング――――――――――――――――――――――
妙だな…
蜘蛛型の妖獣があちこちで湧いてる
例えば…もっとでかい女王蜘蛛が死んで
腹の中から出てきたこいつらが各地に散ったとか
…考えても仕方ないか

今は…仕事に集中しよう
被害者の女性の安否が気がかりだ


すぐに動けるように常時起動状態
闇纏いで人目に触れないようにしとく
…ああ、一応懐中電灯も用意しとこう

石段を登る時は足を滑らせないように
そして周囲、特に木があるなら上にも注意
小蜘蛛が湧いたら声をかけて仲間に知らせ
担当する二人に任せて先を急ぐ


社の中に入る時は…なるべく一番前を歩くか
少し身を屈めて体重が足元に強くかからないように
手分けして明りで照らし中の状況を把握しつつ
床を剣で軽く叩きながら…ここでも上は警戒しとく
繭、蜘蛛、床・壁の穴開きは見つけ次第後ろに知らせる

一体だろうと二体だろうと、俺の相手はでかい方だ
俺が…止めてやる

―――いくぞ!

光源を他の仲間が確保してるなら電灯は捨てる
あまり急いで動けないが
大蜘蛛と繭(に向かった二人)の間に立ち塞がり
旋剣の構えは開始時と怪我が酷い時に使い
黒影剣で一気に倒しにいく

股の下を通られたり、逃げられないように遮らなきゃな
それと、戦闘中は極力、床や壁に剣を叩きつけない
あとは…小蜘蛛を受け持つ仲間が劣勢ならそっちに加わる

世の中、お前らにとって都合のいいようにはできちゃいない
人間に手を出す奴らは…俺達が許さない!



被害者のことは、他の奴に任せよう
俺は…(そういうのが)苦手だ…
―――――――――――――――――――――――――(以上、600文字)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


思ったより、うまくいったみたいだ。

しかし…あの文様はなんだ?
【2006/12/14 23:12】 URL | 工藤一弥 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://hearn.blog85.fc2.com/tb.php/2-792e557e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

工藤一弥

Author:工藤一弥
ID:(b02096)

性別:男
職業:高校生(魔剣士)

リンクフリー。

■メッセあり。
(※色々混ざってる)
↑ピンと来た人は
そのアドレスを入力。
来ない人は手紙で。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。