ODIOUS FIGURE

PBWシルバーレインより、工藤一弥(b02096)の…色々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忌まわしい人(前編)

多分、能力者の間じゃ珍しくもなんともない。
ただの…ありふれた昔話。

それでも、これは今の俺の在り方に関わるもので、
戦ってばかりいるうちに忘れそうな気がして。


だから、残しとこうと思うんだ。




物心ついた時、俺の傍に居たのは父親を名乗る、優しそうな笑みを浮かべる男。
その人は、なんだか野暮ったいだぶだぶのローブを着ていて、周りを見渡せば
カラフルな窓ガラス越しに日の光が床に差し込んだ木の床と、沢山の長椅子。
椅子が向く先には四角く縦長な台と、その後ろには、十字に貼り付けられた
半裸の男を模った、金ぴかの像。
脇に目をやると、沢山の鍵盤が並んでパイプが何本も伸びてる仰々しいオルガン。

どうやら、俺の家は教会と呼ばれるところで、父親は神父ってやつらしかった。

俺は教会の前に捨てられてたこと、だから当然この神父は実の父親じゃないってことを
聞かされて育った。
妙な時期にいきなり言われてショックを受けるよりは、ずっと…良かったと思ってる。
ただ、餓鬼の頃の俺には意味がわからないことが多すぎて。
わからないなりに、自分は他所から来たんだから迷惑をかけちゃいけないって。
そんな風に考えてた。
なるべくいい子で居ようと頑張ってたつもりだったが…うまくいかなかったな。

そのうち教会付属の幼稚園に入ることになって、入園式の時に自分が他の奴らと
違うってことを自覚したんだ。
髪や目、肌の色も、一般的な日本人のものとは極端に違う。
人目が気になって仕方なかった。
周りの連中は、親から何か吹き込まれたんだろう、俺のことを避けるようになった。
俺の方も、そんな周囲に溶け込めずに距離を置くようになった。
別にいじめられたりすることはなかったし、むしろ気楽だったけど。
親父は…辛そうだったな。



そういえば…俺は昔から奴ら―――ゴーストが見えてた。
始めは生きてる人間と区別がつかなくて、不思議に思って親父に話してみたら、
こっぴどく叱られた覚えがある。
それから、見分け方を俺に教えると、それらには二度と近づかないように、と。

今にして思えば、あれは俺の身を案じてのことだったんだろう。
結局、こうしてゴースト退治をやってるわけだから、親不孝もいいところだが。
俺が銀誓館に入ることも最後まで反対してたな。
…どうも、あの人はこっち側のことを色々知ってるみたいだ。



剣を振り回すようになったのは、確か12歳かそこらだったと思う。
どこで広まったのか知らないが、俺には幽霊が見えるって噂を聞きつけた奴が
相変わらず友達の居なかった俺に話し掛けてきたんだ。
始めは無視してたんだが、どうにもしつこくて、仕方なく少しだけ実際に居る場所を
教えた。少しぐらい怖い目に遭えば手を引くだろうって、簡単に考えてた。
…それが、いけなかった。
次の日から、そいつは学校に来なかった。
帰宅して遊びに出掛けてから行方がわからなくなったって、先生が言ってた。

違う。
奴らに殺されたんだ。
俺が奴らの領域を教えたばっかりに。
あいつはひとりでそこに行って。
二度と戻って来れない場所に引きずり込まれたに違いない。

全てを知りながら何も言えなかった俺は、放課後そこに行ってみた。
現れるのに何か条件があるのか自縛霊は見えず、もちろんそいつの姿も無かった。
ただ、上履きが右だけ転がってて。
それだけで、自分の考えの裏は充分取れた。

俺は逃げ帰って毛布に包まり、震えてじっとすることしかできなかった。
自分が何をしたのか。そのせいで何が起きたのか。思い知った。
罪悪感と、後悔。そして恐怖。



ゴーストが、そして自分がしたことが恐ろしくてたまらなかった。


                              (続く)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


(コメントしてもいいのかな?(ドキドキ)
ダメだったら削除してください。)
そんな過去が・・・。
お義父さんはいい人なんですね。
一弥師匠のことを本当に心配してて・・・。
家族愛ですね!!

銀誓館だと変わった外見の人いっぱいいますけど、一般の学校だと目立っちゃったんですね・・・。すっごく綺麗だから!
私だったら自慢しちゃうかもしれないなぁ。
人並み以上に整った容姿を利用して、芸能界デビューを考えたかもしれない!(お気楽)
まぁ、ちみっこい子供達にはわからなかったんでしょう。平均とは違うものを排斥したがりますもんね。

行方不明事件は・・・その・・・。
悪いのはゴーストです!
・・・なんて言ってもきっかけ作っちゃった自分としてはずっと責任感じちゃいますよね・・・。
むむむ・・・。

後編もドキドキしながら待ってます!

【2006/12/14 12:19】 URL | 理代 #Se2n1RnY [ 編集]


>月村

返事が遅くなった。コメントは問題ない。(←気にしないでくれと言いたいらしい)

見た目のことは…確かに、そんな風に突き抜けられたら楽だったかもな。
月村らしい意見だ。

例え親しくなくても、顔見知りがこっちの世界に巻き込まれるのは……キツい。
だから……………まぁ………なんでもない。
【2006/12/21 23:21】 URL | 工藤一弥 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿

















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
→http://hearn.blog85.fc2.com/tb.php/4-f08c7611
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

工藤一弥

Author:工藤一弥
ID:(b02096)

性別:男
職業:高校生(魔剣士)

リンクフリー。

■メッセあり。
(※色々混ざってる)
↑ピンと来た人は
そのアドレスを入力。
来ない人は手紙で。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。